まずは便秘の種類を知ろう

おすすめ!

まずは便秘の種類を知ろう

日本人、特に女性は便秘になりやすいといわれています。

 

成人女性の実に半数以上が便秘に悩んだ経験があるといわれるほど。

 

便秘を改善したい人は、まずは自分の便秘を知りましょう。

 

種類によって改善豊富も異なります。

 

 

弛緩性便秘

 

弛緩性便秘は、お腹が張っていたりいつも残便感があるタイプの便秘のことを言います。

 

ぜん動運動が行われていないせいで、便が腸内にとどまってしまい硬くなり、どんどん便秘が悪化してしまうでしょう。

 

他にも、肌が荒れやすかったり、すぐにイライラする、肩こりが酷い等の場合は弛緩性便秘の可能性が高いでしょう。

 

運動不足、水分不足、食物繊維不足、そして過度にダイエットをしていると弛緩性便秘になるといわれています。

 

痙攣性便秘

 

痙攣性便秘は、うさぎのフンのようなコロコロとした便しかない状態のことを言います。

 

他にも食事を摂ったあとお腹が痛くなる場合や排便後の残便感がある人は痙攣性便秘に分類されるでしょう。

 

これは、副交感神経が興奮状態となり腸管が緊張するせいで、十分に便を排出出来ない状態となっています。

 

便秘と下痢を交互に繰り返す方も多いでしょう。

 

原因は、ストレスがほとんどです。

 

直腸性便秘

 

直腸性便秘は、便意を全く感じない場合や便が高く排便に時間がかかる症状のことを言います。

 

直腸に便があるのに排便をすることが出来ない、うまく排出が出来ない、そのせいで胃腸にずっと便がたまってしまうのです。

 

これは、便を無理に我慢する習慣がついてしまったり筋力が低下した高齢者に多い症状だといわれています。

 

 

このほかに器質性便秘が存在しますが、器質性便秘は大腸がんや病気等の症状のせいで起こる便秘が分類されます。

 

酷い症状ではありますが自身ではなく病気の症状の一種として便秘が分類されることとなるでしょう。

 

そのため原因となっている病気を改善することで自然と便秘も改善することが出来ます。

 

 

それぞれの便秘の治し方

 

自分の便秘の種類がわかったら、後は症状に合った治し方を実践してみましょう。

 

どれも簡単な豊富なので、どれに分類されるかわからない人は一通り試してみても良いかもしれませんね。

 

 

弛緩性便秘

 

弛緩性便秘は筋力の低下が原因で起こる人が多いみたいですね。

 

その為、軽い筋トレを行うことで筋力が改善し便秘も治る人が多いでしょう。

 

筋トレがつらいという人は、お腹をマッサージしてみて下さい。

 

時計回りでおへそ周辺のマッサージを行うことで、自然な排便を促すことが出来ます。

 

痙攣性便秘

 

痙攣性便秘は主にストレスが原因です。

 

ストレスを改善することも大切ですが、なかなか改善できない、ストレスの原因がわからないという人はアロマオイルやツボ押しでリラックスをしたり、自分の好きな時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

また、便秘がストレスに感じてしまう人もいるので便秘であることを忘れること、あまり気にしないこともとても大切です。

 

直腸性便秘

 

直腸性便秘は便意がないことが問題です。

 

その為、便意を感じたらすぐにトイレに行く、便意を感じなくても定期的にトイレに行くという習慣をつけることから始めましょう。

 

直腸性便秘は便意を感じにくいため、便秘薬を使って便意を促そうとする人もいるかもしれません。

 

しかし、便秘薬に頼るとさらに自身では便意を感じにくい体質になってしまうので、薬には頼らずに自然に排便出来るように心がけてみてはいかがでしょうか。

 

 

どの症状にも言えることですが、体質改善をして便秘を改善することは最も大切なことです。

 

しっかりと食べて、体を温めて、健康的に過ごすことで十分な便を作ることが出来自然を便を排出出来るようになるでしょう。

 

ついつい三食食べることを忘れてしまったり体を冷やしてしまう人も多いと思います。

 

しかし、少量でも良いから三食きっちり食べる習慣を身に着けて、暖かいものを飲み体も心もリラックスをさせることはとても大切です。

 

まずは食生活を改善して便秘を治してみませんか?

人気No1プーアール茶!